途中で投げ出さないために ~ Studyplus

今回紹介したいのはWebサービスです。
英語上達完全マップ。基本は自習ですから安上がりなのはいいですけどひたすら孤独な学習が続きますよね。
手軽に勉強方法などを参考にしたり励まし合えるライバルや友だちがいればいいんですけどね。 
ブログもいいけど時間かかりすぎませんか?Twitterでつぶやくのも英語に興味ない人や上級者から煙たがられませんか?
あと学習の記録はマップのどの位置にいるかを確認する重要な指標ですがどうしてますか?
ExcelやGoogleのSpreadsheetは管理がめんどくさくないですか?グラフとかも出来れば欲しいですよね。

そんなときに活用したいのが「Studyplus」というWebサービスです。
使い始めてから課金みたいなこともありませんのでご安心を。
あとオシャレなハットのおじさんが元女子大生の学費の寄付金を募集していざこざが絶えないサービスとはまったく違います。そっちはStudyGiftお間違い無く。
ブラウザからも見れますし、以下のリンクからiPhoneやAndroidでも利用できます。
大丈夫です。無料です。

ブラウザ用
Studyplus(スタディプラス) – 勉強が楽しく続くSNS

iPhoneアプリ

Android用アプリ
studyplus google play

勉強記録のためだけのSNS

まずこのwebサービスをざっくりと説明すると学習記録をつけそれを活動として公開することによってSNSにしちゃうようなものです。

これを聞いてTwitterやFacebook、そしてMixiなどを連想しめんどくさそうと思う人もいるでしょう。
でもこのサービス本当に学習に特化してるのでSNS疲れ的なものとは無縁です。(SNSだし1年後の姿は誰にもわかりませんが。)


SNSでは珍しいシンプル&ストイックさ

まずTwitterのタイムラインやFacebookのフィードに当たる部分。なにかくだらない事を書こうと思っても書く場所がありません。
Studyplusのタイムラインは「なんの教材でどのくらいの時間どの内容を勉強したか」しか記録できないのです。
タイムラインに投稿しようとするとまず学習中の教材をサイト内で検索し(AmazonからiTunseStore、GooglePlayなどと連携)、自分の本棚に登録します。
で、タイムラインに投稿するのはこの自分の本棚に登録した教材に対してのみ行えるのです。
今日なに食った的などーでもいい他人の情報や、ふぁぼ狙いのネタツイートも、真偽不明な泣けるいい話が流れてくることはありません。
かわいいネコ写真や面白そうなタイトルのURLが流れてきてヒャッハーと読んでたらはや数時間なんてことはありません。
レッスン教材などのデータベースにもない独自教材は任意入力で本棚登録は可能ですので、それを使って強引に
「教材タイトル:つぶやき、勉強時間:0分、コメント:今日はつかれたから勉強なしー」
なんて強引に登録している人も居ますがごく僅かですし却って殺伐とし過ぎないでありがたいぐらい。それぐらいストイックなSNSです。

やはり気になる他人の勉強時間や方法

もう一つは一応友だち制度がありましてタイムラインは基本的にこの友だちのが見れます。
これもmixiのフレンドみたいに趣味が合う人とか、Facebookみたいに知り合いオンリーみたいに気を使う必要はありません。
基本的に上記SNSほど親密度はありませんので自分と同じ教材を使ってる人、プロフィールのTOEICの点数が近い人などを適当に選んで友だち申請すればよいでしょう。
おすすめはやってる教材が同じで進行状況が似ている人で数人。これは当然切磋琢磨するためですね。英語上達完全マップ実践中の人も多いので安心です。
あとは勉強時間が自分と同じぐらい・少ない・多い人を一人づつぐらい。これは自分の勉強時間が多いときに見比べて焦ったり安心したりするため。
最後にあまり教材が被らずちょっと自分より先を行ってるなって人を数人。自分の将来的な学習方法や選定教材を広く知るため。

ちょっとだけありがたい「いいね」ボタン

で友だちとは初回はよろしくお願いします的なメッセージのやり取りを稀にしたりしますがそれ以降言葉を交わすことはまずありません。
お互いの学習記録をタイムライン上で確認しあうのみ。それではあんまりなので一応あります。「いいねボタン」
効果抜群とまでは行きませんがやはりいいねを貰うと少しは励みになります。
で、人の勉強は目を皿のようにしてみて「いいね」していく。これが私の朝一の日課になっています。
これに時間かけるのもあれなので出来れば友だちは10人以内に留めておきたいですね。
まったく孤独で勉強を続けるのはさすがにツラい。でもSNS疲れしちゃうような濃厚なコミュニケーションは不要っていう人にはこれぐらいがいいんじゃないかな。少なくとも私にはちょうどいいです。

最大のポイント学習記録

SNS的な部分ばかりフィーチャーして来ましたがStudyplusの最大の長所は実はSNSと関係ないところです。
私が一番気に入ってるのは学習時間の記録・集計。先に言ったようにタイムラインに教材と勉強時間を投稿するのですがこれは後で集計を確認できる機能。
わりと高性能で日毎の学習時間の棒グラフ、今週の教科ごとの勉強時間の割合を円グラフなど簡単に見ることが出来ます。
具体的に言うと時系列は日ごと・週ごと・月ごと 、ジャンルは教材ごと・カテゴリごとなど自由に選択出来ます。
これは自分のモチベーションに大きな効果があります。最近では今日の勉強時間が2時間を切ってると落ち着かなくて寝る前に英作文始めてしまったり。
以下は私の週の勉強時間の集計(半ばですよ?一応)。まあ割合的にはちょうどいいかな。
キャプチャ

「出先で勉強してるときにいちいち記録取るのかよ」って人もいるのでしょうが地味に嬉しい機能があります。
iPhoneやAndroid携帯を持っている方限定ですがアプリ版にはストップウォッチ機能が付いているのです。
なので電車で瞬間英作文アプリで学習する人は自分の本棚から瞬間英作文アプリを選びストップウォッチを開始してから瞬間英作文アプリをやる。
最寄り駅についたらストップウォッチをストップ。そのまま記録ボタンを押せば終了です。
ウォッチ上は秒まで表示されるけど記録されるのは分単位。そんぐらいでいいですよね。
自分も車内でメールやTwitterのリプライちょっとだけしてたから10分マイナスしとこ程度のノリ。5分10分の誤差は気にしない。
あと何章の何節から何節までみたいな細かい記録も付けられますが私はつけてません。章レベルで終わったときにコメントに書いたりはしますけど。

好きに使える自由さ

わりといろいろ書きましたけど他のSNSと同じで人によっていろんな使い方が出来ると思います。
孤独とか感じないしSNSとか大嫌いだけど記録やグラフ集計だけは使いたいという人は勉強ログの公開範囲を非公開にしちゃえば自分専用の記録Webサービスとしても使えます。ソーシャルな要素の一切ないクラウド型記録ツールとして使用すればいいのです。
またもう既に確立した記録ツールがあるので乗り換えたくない。でも他の人がどういう教材でどれぐらい勉強しているのか気になるって方はアカウントだけ作っていろんな人の勉強記録を見るのもいいと思います。捨てアド一つ作れば無料だし個人情報も入れる必要なくアカウント持てますし。ちゃんとしたまとまったレビューなんかはAmazonや専門のブログの方が詳しいですが細かく飾りのない勉強ログと言う意味ではこちらのほうが参考になります。いろんな人がどれぐらいで参考書一冊終わらせてるかとか細かい情報の宝庫です。

とにかく勉強を続けるために

スポーツや芸術などと違い語学というのはそれなりの勉強をし続ければ才能など関係なく身につくものだと言われています。
ただこの勉強し続けるというのが至難です。
特に英語上達完全マップの第一段階など目に見える効果があるわけではありませんので常に不安がつきまとうのではないでしょうか。
そんなとき孤独を埋めるにはやはりライバルや学友など競い合い参考にしあえる人の存在があった方がいいでしょう。
社会人にとっては欲しくてもなかなか手に入らないものですね。
英会話スクールやサークルに入れば手に入るのかもしれないけどそれはそれで人付き合いが面倒ですしレベルや勉強方法のあった友だちなど選べません。
また勉強時間の集計もめんどくさくてつけるのを止めてしまいがち。これは後から分析するためにももったいないし何よりこれまで積み上げた勉強を振り返ることで自信がつきます。
ドラゴン桜での主人公が勉強記録ノートを見て自分の費やした時間と努力を思い出しやる気になるというシーンと似てますね。勉強記録ってのはわりかし一般的なやる気継続方法みたいです。つけて整理するの大変だけど。

そんなときStudyplusはなかなかいいツールだと思いますよ。
2013年6月現在寂れすぎもせず密集し過ぎもせずサービスの安定度も、すべてちょうどいいSNSだと思います。

コメントを投稿する