しごとの基礎英語 – 新英語番組情報

テレビの世界では番組改編の季節です。
私は毎朝見ていた「あまちゃん」が終わり若干の虚脱症状を訴えている今日このごろですが、そんなことはどうでもいいですね。
このブログは英語学習ブログです。

 

本題ですがそのNHK(Eテレ)から新しい番組が始まりました。その名も「しごとの基礎英語」。
「しごと」という単語から私のようなサラリーマン、そして「基礎」と言うフレーズから私のような英語初学者にピッタリのタイトルです。
しかもこの番組の講師はあの大西さん。
既にこのブログでも紹介した「ネイティブ・スピーカーシリーズ」、「一億人の英文法
でもお馴染みのあの大西さんです。

なにより2005年に放送された「ハートで感じる英文法」はは自分の中ではかなり大きな番組でした。

もちろんリアルタイムで見ることが出来ず英語学習を始めてからから高価なDVDを購入して見たのですが。
中学レベルといっていい基礎的な内容でしたが、「a,the,複数形をどのように使い分けるか」「完了形とはなにか?」「仮定法で過去形を使う時の気持ち」「There~、so~that構文とは何か」など私の英語の考え方の基礎を作ってくれました。
すべて「ネイティブ・スピーカーシリーズ」や「一億人の英文法」などでも解説されてる内容なのと、DVDがあまりにも高いのであまりオススメはしませんでしたが金に糸目を付けない or 運良く番組が見れる人はぜひ一度見ることをオススメします。(今考えたら大きな図書館を巡ればあるかも?)
書籍がよく出来ていてもイラスト豊富でも、やはりテレビでセットを使って動画で解説してくれた方がストンと頭に入ります。
私は中学高校の6年間と大学受験勉強で英語を学習しましたがどういう場合にaとtheを使い分けるかを理解していませんでした。
でも今は瞬間英作文などをやっていてもaとtheの使い分けでまず間違えません。


とまあ昔話はここまでにして今回のこの番組、既に9/30から始まっています。
私は大西さんに感謝はしていますが、あまりよい信者(?)ではないので見てからオススメするかどうか判断しようと思ってました。

で、感想は…。「うーん。お、おう」って感じです。
現在までの放送内容は1週分4回ですが英語半分・ビジネスマナー半分って感じです。
今週は顧客との会話はメイン。
「顧客からランチに誘われたが行けない場合」みたいな非常にありそうなシチュエーションの例文を1日ワンセンテンス、ロールプレイを交えて解説してくれます。
ただその返事のチョイスの解説がそりゃ社会人ならそういうよねって感じがしてしまったのは事実。
「断るのと同時に理由を必ず添えよう」それは英語圏の文化ではなく世界中どこでもそうでは?」と思ってしまった私はサラリーマンに毒されすぎているのでしょうか。
まあただ全100回あるらしいのでたった4回で判断するのはやはり無理があるでしょう。

もちろん例文の英語は自然で大西さんらしいネイティブっぽい(であろう)言い回しです。
また初学者の私でもぜんぜんついていける程度の内容。基礎英語の看板に偽りなし。
平日に毎週4日10分(まあオープニングとか飛ばしちゃうので8分ぐらいかな)というのもちょうどいい分量です。
朝ドラ見るよりも短いしためにはなる。(だいたい朝ごはん食べながら見てる)

という訳でまとめます。

公式サイト
http://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/jobkiso/

番組を気に入った方には教材の質では定評のあるNHK出版のテキストもあります。

ここで試し読みできます。
https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C5010101&webCode=09185102013

要予約!絶対見るべし!と言えないのがツラいところでありますが、やはり以前の「ハートで感じる英文法」が神番組になり、後にあれだけ高価なDVDになったことも考えると黙って録画予約をしておくのが大人の対応というものでしょう。
今日びHDDに録画するコストなんて容量確保のために整理する時間ぐらいですからね。

初回から見たかった!と言う人も今なら間に合います。

再放送:土曜日 午前5:20~6:00(4回分)

再放送:翌週火曜日(月曜深夜)  午前1:25~2:05(4回分) 

Eテレらしい再々放送まで用意されている優しさ。
 
という訳で明日の再放送を考えると今書くしかないだろうということでちゃちゃっと書きました。
あとでさすがにもう少し手を入れて直すと思いますがまずはここで終わります。

 

 

追記

 

なるほどそうやって見るとまた違うかもしれませんね。


コメントを投稿する