世界一わかりやすい英語の授業 – 関正生

ブログを開始して4ヶ月弱。けっこう豊富な種類の教材を紹介してきた思います。

特にマップややってみたのサイトには載っていなかった出版日が最近の本ですね。

一億人の英文法やネイティブの「英会話が口からパッと出る」英作文トレーニングとか。

みるみるなどの音読本もそうだな。つい3,4年前に出版されてなかった。

もちろんフォレストや山口英文法講義など古くてもいい本だからオススメしました。

別に新しいからいい本ってわけではないので。

 

ただこのブログのタイトルでもある「2013年の教材」ってとこですよ。

あんまり紹介出来てなかった気がします。発音の項で紹介した、DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本 で述べたようにね。もうちょっと新しい感じのマルチメディア的なことを紹介したい。

そのためにiPhone、Androidアプリなども紹介しては居るんですけどね。

でも最近はちょっと看板に偽りがあるんじゃないかと勝手に個人的に思ってました。

そこで今回また提案したいのがDVDによる英語学習です。

予備校の授業は質が高い

山口英文法講義実況中継はこのブログでもご紹介しましたし私がわざわざ紹介しなくても超有名本ですから読んだ人は多いと思います。

まあ他にもいろいろ社会人の英語学習でも予備校教師の著書などを読むことも多いですよね。

やっぱりだいたい質が高いんですよ。

まず予備校の講師ってのは完全な人気商売です。で、その人気はどこから来るかというと徹底した結果主義なんですね。

人当たりがよさそうな人だから、イケメンだから、話が面白いから。

もちろんそれらの要素がゼロとは言いませんがやはり結果がものをいう世界。

要は受講者の合格者が少なければその講師の人気はやはり下がる。

高校生、受験生なんか狭い世界ですからね。あの先輩はあの講師について偏差値がいくつ上がったなどはすぐに共有される。

私の通っていた田舎の小さな予備校でもそういうのは当たり前でしたので大手の人気講師なんかはそれが何百倍もの反響です。

自分の高校時代サテライト予備校、要は衛星放送で田舎では顔さえ拝めなかった人気講師の授業が見れるというサービスが始まりました。

で、私も受験前に通ったりしたのですがやはり段違いにわかりやすかったのを覚えてます。

今まで聞いていた高校の授業は何だったのかと。こんなにわかりやすいとは。

それに比べて社会人の通う英会話スクールやTOEIC講師なんかはまだまだここまで苛烈な状況ではないように思います。

もちろんその中で素晴らしい講師の方が居るのは否定しませんが、やはり大学受験というシビアな白黒はっきりつくテストを担当し、何万人もの生徒たちの視線を受ける予備校講師ってのはやはり素晴らしい授業をしてくれます。

 

ただ近所に予備校は一杯あるものの私のようなオッサンがいまさら18歳ぐらいの子たちと肩を並べて予備校に通えるか?というと答えはNOです。

まず駿台だろうが河合塾だろうが東進ハイスクールだろうが入れてくれないでしょう。知らないけどたぶん。

あとまあ私は一年の浪人経験もありますので予備校の料金は大体知ってますけどまあ高いよね。アホみたいに。

あの金額を出してくれた親には足を向けて寝られない。

で、近所のいわゆる社会人向け英会話スクールに行けばあのレベルの授業を受けれるかというとんなわけはないですよね。

そっちはそっちで高いし。

 

DVDで見れる人気予備校講師の授業

で本題なのですがこのクオリティの高い人気予備校講師の授業を見ようということです。

何故かほんとうに少ないのですがやはり発売されています。

関正生さんという講師。わりとイケメン。まあ正直言ってほとんど年変わらない。

で、以下なんですがまあクリックしてあまりの値段の高さに戻るボタンをおそうとした人はちょっと待って下さいね。

 

まあ確かに高いです。Amazonで25%オフといえども一本1万円近くする。

4本で4万円?冗談じゃないってのもわかります。

もちろん英会話スクールに行ったり本当に予備校に行けばそんぐらい取られるんだけど。

実はお安く見れる

この値段で購入するしか無いのであればハートで感じる英文法の時のようにごく一部の人にしかオススメできません。

で、本題として安価にこれを視聴する方法があります。

実はこれね。全国のTSUTAYAでレンタルできるわけです。

数万円が数百円ですよ。どうなってるんだこの国のコンテンツの価格ってのは。

ただしTSUTAYAオンリーです。何故かGEOなどではダメらしい。

こういうTSUTAYA限定とかやめて欲しいですよね。ホントにキック・アスのときもそうだったけどただでさえ高くてDVD離れが起きてる日本なのに余計にハードル高くしてどうするねん(ブツブツ

 

とまあ脱線はそれぐらいにして。近所にTSUTAYAがないという方。また一週間で見れるかどうかなんて分かんねーんだよって方。

もっともです。レンタルを借りにわざわざ遠くまで行く時間も一週間で返却という縛りも社会人にはきつい。

という訳で私はTSUTAYA DISCASというのを利用しました。

いわゆるネットレンタルってやつですね。まあ某社の別のサービスを利用してるので知ってましたが要はネットで選んだら家に送られてきて返すときは郵便ポストに返すだけ。

これがいいのが延滞料金がかからないこと。今週忙しくて見れなかったーという時でも別に返さなくていい。当然新しいやつは返すまで送られてこないですけどね。

あとまあ無料期間があること。私は下記のシリーズの見たい奴はほぼ無料期間に見終わりました。

その後は解約したら実質タダですしね。まあでも全シリーズ見たければ無料期間では無理だけど。

かなり人気があって借りれないかな?と思いましたが待つこともなくあっさり借りれました。

一番最寄りのTSUTAYAで最初は借りたんですがそこはけっこう大型店なのに歯抜け状態だったのを考えると全然ネットのほうが楽だった。

 

動画の持つポテンシャル

で、動画なんですが内容は相変わらず私の好きな理解してから覚えるというのに軸足を置いた講義。

山口英文法実況講義や大西さんの一億人の英文法やネイティブスピーカーシリーズと似てるかな。

かなり早口で密度が濃い授業です。たらたらした授業は嫌いなのでわりとそこは好み。

授業レベルは高校レベル中級というところ。高レベルの人は講義によっては物足りないかもしれない。

まあ私が下手に説明するよりわかりやすいと思うので紹介動画をどうぞ。

 

 

何と言っても動画という特性は触れないわけには行きません。

やっぱり動画っていうのは書籍とは違うんでですよ。

山口英文法がいくら講義を書き起こしたものでも、一億人の英文法が口語体で書かれていても。

実際動画で見ると講師の方の声の強弱、表情、もちろん身振り手振りや板書など書籍では再現できない良さがあります。

 

あと実際の講義とは違って教室に座って眠かろうが体調悪かろうが見る必要はなく家で好きなときに一時停止や巻き戻ししながら見れるのが凄くいいです。

机にばっか向かってけっこう煮詰まってきた土日の勉強時にはけっこう最適です。

もちろん勉強はしてるんだけど負荷が全然違う。

 

あくまでサプリメントとして

ただこれはあくまで勉強の柱となる部分ではないと私は考えています。

自分が理解を深めるため、もっと言うと知識を立体化せるためのものです。

もうmay wellとかまず大西さんの説明を読み、フォレストで石黒さんの説明を読み、山口英文法も違う説明を読んでます。

でもやっぱそれぞれ少しずつ解説の仕方が違うんですね。もちろんお互いの言ってることに齟齬があるとかじゃなく説明の仕方が違うということ。

で、いろいろな解説を聞くうちにだんだんその辺の知識が立体化されていくわけです。

まあでもこの関さんの講義が書籍版だけだったら絶対これ購入してなかったと思います。

DVD、動画という特性があるから今回見てみたということ。

 

あと森沢さん、大西さんの時もちょっと言いましたけど人気講師の人ってある種のカリスマ性があります。

大西さん、森沢さんは予備校講師じゃないけど。

なので変にはまらないこと。他にも竹岡さんとか安河内さんとか有名ですけどね。

一人の講師の信者になるのは非常に危険です。私はできるだけいろんな人の解説を聞きたいと思ってます。

もちろんこの関さんはイケメンですし世界一?とまでは言いませんがわかりやすいです。

でもじゃあこの講師の方の著書も買い揃えてってのはどうですかね。よっぽど相性がよかったのなら止めませんけど。

 

あとこの1時間ぐらいのが12本ぐらいのシリーズですが要は講義にして12時間。

週一の講義だったら3ヶ月コースってとこですかね。

ですのでその中で中学英語から英単語から熟語から英語勉強法まで解説してるわけです。

当たり前に考えてどんな名講師であろうが網羅性をもたせるのは無理ですよね?

「週一の講義3ヶ月通ったら英語がペラペラになりました。」なんてことはあり得ません。

なので勉強の合間、土日に一本ずつ週に2本ずつぐらい見る。そんな感じがいいんじゃないでしょうか。

間違っても他の音読やら英作を中断してこれをぶっ続けて見るとかはオススメしません

 

以上です。なんか文章的にあまりおすすめしてないような感じになってしまったかもしれませんが、関さんの講義は本当にシンプルで理論的でわかりやすいです。

さすが人気予備校講師。

あと受験生というよりけっこう社会人を意識して喋ってくれてるのが凄くいい。

高校英文法や熟語などの暗記に悩んでる方、机の前に座って字を読んでばかりの勉強にそろそろ飽きてきた人にはぜひオススメします。

なにより書籍とまったく同じ内容でも動画で見るのはまったく違いますから。

 

それでは。


コメントを投稿する