初めてTOEICを受けました – 受けた理由や結果について

別に隠してたわけではなくTwitterなどでは公言してたのですが、ブログには結果出ないと書くことないなと思って書いてませんでした。

まあぶっちゃけた話を言うとメールで通知が来るまで忘れてた。メールが来てもいつもの試験日案内かと思って無視するとこだったほど。

TOEICちょっと結果が出るまで長いですね。マークシートだしもうちょっとなんとかならないものか。

で、先にレベル的にいっさい興味のない人に戻るボタンを押していただくために点数を書いてしまいますね。


 

550点でした。

テスト結果
お恥ずかしい

リスニングとリーディングどちらも275点という素晴らしく分析がいのないスコア。
はいはいワロスワロスって人はもうお帰りになったと思うので本題の前にひとこと。

スコアが低い人こそ発信して欲しい

んーなんでこんなこと書くかというと本日にTwitterとかブログを覗いてみたんですが点数を公開している人がほとんど700以上だったから。
「点数悪かった―」みたいな人はいるけど具体的には点数を書いてない。
いやいやもちろん私の点数が自慢できるものじゃないのはわかりますけどね。
TOEICの平均点って560~580ぐらいですよ?
http://www.toeic.or.jp/toeic/about/data/data_avelist.html

 

平均点ってことは当然そのレンジの人が一番多いだろうしそれ以下の人だっていっぱいいるはずなんです。
でもそういう人はほとんどなにも書いてない。
もちろん「あと数点で満点だったのに…」って人とか「念願の800点達成!」とか書いてる人のTwitterやブログでのアドバイスや感想の方が確かに信頼性は高いでしょう。
でも私は現在進行形で平均的なレベルの人が試行錯誤してるブログなりツイートがもうちょっとあってもいいと思うんだけどと思ったから。
と言うか私は読みたいしたまに見つけると嬉しくなるし読むとやっぱり何かしら得るものがあります。

途中だからこそわかる悩みとか壁を共有できるから。
確かに点数が低いのは自慢できることじゃないかもしれないですけど別に人間性を測るもんでもないですしね。

 

まあそういう雑感は置いといて、なぜ今受けたかとか一応この時点でこの点数は自分的にはどうなのかなどについてちょっと書いてみます。

一応これまでのTOEIC歴

今回のタイトルには少し偽りがあって、一度TOEICをIPテストというので受けたことがあります。
団体テストなので正式なTOEICではないけど一応TOEIC。といっても10年以上前ですけど。
新卒社員研修の一環として強制的に受けさせられたのですね。その後転職したので昔の会社ですが。
あの頃は600ぐらいあれば就職に有利になるって言われてましたね。
大学時代いっさい英語の勉強しなかったのでその点数は無理とはわかってましたが、なぜか根拠なく500点ぐらいは取れるだろうと思ってました。
私立文系で3科目だし英語はある程度受験時にやったからかな。

で、結果は350点。
まあ業務で英語を使う部署ではなかったのでそこまでではなかったですがやはりショックでした。
それからの10数年英語の勉強と言うとずっと逃避してきたわけです。

TOEICを受けた理由

なぜ受けたか。まあこういうブログをやり英語学習を始めたのだから当然もう逃げるつもりはないのですがなぜ今なのか。
とにかく現状を把握したかった。これに尽きます。
もちろん私はTOEICを受けた時点では勉強を開始してからたった4、5ヶ月弱。「10ヶ月でやってみた」の方の半分にも満たない。
そのうえ1日の勉強量は2時間程度。前述の方ほどストイックでないので週末出かけると勉強時間ゼロの日もたまにあったりする。
英語上達完全マップの第1ステージどころか音読パッケージの1冊目すらまだ未完の状態です。(これについてはちょうどTOEICの前後に酷い風邪を引いて音読を中断せざるを得なかった時期が3週間ぐらいあったことも影響してますが)
さすがにこの状態でハイスコアを狙ったわけではもちろんありません。さすがに350点よりは上がってるとは思ってましたが。

ただ以前音読パッケージについて語ってみるで書きましたがとにかく今の自分のレベルがわからないのです。
いろんな教材がありますが結構な確率で「この本はTOEIC○点程度の方対象です」だったり「TOEIC○点の方はこれぐらいの回数やりましょう」みたいな記述が本当に多い。
最初の方は350点で勘定してたのですがだいたい上記のエントリーを書いた8月の頭ぐらいでしょうか。
「もうちょっと上のレベルの教材・勉強法やっていいんじゃないの?」みたいなことを思ったわけです。

まず音読パッケージですがシリーズのまえがきにTOEICのスコアごとに音読回数の目安が載っています。

ぐんぐんの解説
ぐんぐんの解説。クリックするとPCの人はAmazonのなか見検索!で確認できます。
(みるみるとぐんぐんで少し点数の違いはあります。みるみるは300点台、450~500点台、600点台の3段階に別れてる。そりゃまあ初級だから。)

 

で、私はきちんと350点の人間として指示に従い100回音読しました。これは良かったと思います。

ただ次の教材でもまた100回やるの?そろそろ終わるけど5ヶ月ぐらいかかってるけど?

1冊目はまだしも2冊めも半年近くかけてやるの?

もちろん「テキスト見ずにリピーティング出来ればそれでやめていいんじゃない?」ってのも分かるんですがそれはそれで自信がない。

かなりの確率でリピーティング出来てもたまに出来ない時もあるしとかウダウダ考えちゃう。

やはり点数の客観的な裏付けって大事です。気持ちの上で。

 

あとプレ多読について。これを開始したくて仕方なかったんですが森沢さんはリーディングスコアが最低250点ぐらい必要と書かれている。
IPテストのスコアシートはなくしてしまいましたが350点の時点でリーディングが250点あるわけがありません。

目標と結果について

でもね。英語上達完全マップを信じるならば中学レベルをちゃんとやれば要は中学レベルの音読パッケージを1冊やっただけでTOEIC600点を超える(人もいる)と言われています。
まあ私は1冊も終わっていない状況ですけれども中学英文法の本もやり直したし瞬間英作文もやっている。
TOEICを受けた9月末だとトータルで300時間以上は勉強してるわけです。(やってみた人の1/5だ…)

なので一度受けてみようと。TOEIC対策本は攻略・ボキャビル・問題集どれも一冊たりともやってないけど。

もし500点以上のスコアが出れば音読パッケージの回数も減らせるかもしれないし、うまく行ってリーディングが250点を超えればプレ多読を開始できるかもしれない。

という訳で前回音読パッケージについて語ってみるを書いたのが8月7日でした。

あの頃に決めたわけです。TOEICを受けて自分のレベルを見ようと。

でないとこれからの教材選びに迷いが生じてしまうから。

 

で、結果は上記の通りリーディング275点、リスニング275点で総合550点という完全なる目標突破です。

前日にやったTOEIC公式問題集 でも445~655、中間を取るとちょうど550点と言う点数が出てたのでマークシートマジックではたぶん無い。

っていうかTOEICも公式問題集も怖いよ。学力測定の精度が。

もちろん一回目で600点超の人なんでざらにいるしこの点数で満足できるわけはありません。

でも200点アップ。最初の結果としては個人的に十分です。少なくともマップ通り来てる。

もちろん350点からの200点なんて600点や700点からの200点アップに比べれば比べるまでもなく簡単なのは分かってますから。

大変なのはこれから。でもやっとスタート地点には立てたような気がしてます。

 

また長くなってきたので実際の受験の感想などは別エントリにしようと思います。

それでは。


12 Responses to “初めてTOEICを受けました – 受けた理由や結果について”

  1. よちみ
    こんにちは こちらの記事 いつも参考にさせていただいてます。 一人で勉強しているので、管理人さまを勝手に仲間だと思って すごく励みになっています。 TOEICの結果 まずは おめでとうございます。 わたしは10月27日に初めて受験するので 今やたらと緊張しているところです(笑) 返信
    • komatsu
      凄く励みになるコメントありがとうございます。ぜひ仲間になりましょう! そうですか。初受験ですか。 実はけっこう高いレベルの方でハイスコア狙ってるのかもしれないので、うかつなことは言えませんが、そんなに緊張するほどの試験ではないので大丈夫ですよ。 そうか今月もあるんですね。なら明日、明後日ぐらいまでにはTOEICの受験記書きたいなー。 返信
      • よちみ
        THE 初級者!!ですよ(笑) 本当はTOEICも受けたくないぐらいの。 でも管理人さんのおっしゃる通り 自分のレベルがわからないのも何かと不都合がありますよね。 いつも見てます。んでモチベーション上げてます。 せかせるわけではないですが、受験記も楽しみにしてますね! 返信
  2. マサヒロ
    いつも拝見させて頂いております! というより、ブログが更新されてないかと結構な頻度で訪問しています! また色々と学習方法や書籍を紹介をして頂いているので、それらを参考に私の学習にも取り入れるようにしています! 今回のtoeicの結果、マップ通りということで羨ましい&素晴らしいです! 私は3月に受験予定で目標は500点。 どうなるのか分かりませんが、また日々頑張ろうと思います。 返信
    • komatsu
      ありがとうございます! 来年3月とはまた遠いですねー。 でもそういうゆったりしたペースのほうがいいと思います。 高レベルの方はともかく私のようなレベルが毎月受けて一喜一憂するのもお金と時間の無駄ですからね。 学習方法や教材は多く書きたいんですがタイトルの通りやってみたものしか書けないのでなかなか増えません。 ぜひ気長にお付き合いください! 返信
  3. よちみ
    おはようございます。昨日TOEICの結果が届きました。 管理人さんにはすごくお世話になったので 報告させてくださいね。 じゃじゃーーーん!! 510点でした!!!(リスニング295 リーディング215) 初受験 ほぼ事前準備なし、にしては良くがんばれた数字ですよね。素直にうれしいです♪ さぼらずに 遅れないようあなたの後を追っていきたいと思っています。少し先に目標になる人がいるってのは 本当にありがたいもんです。 こつこつ勉強続けるのって大変ですけど 一緒にがんばりましょうね! 返信
    • komatsu
      リスニング凄いじゃないですか!なにか楽器とかやってたんですか? マップに沿った同じような勉強してるとしたらまずはリスニングが上がるはずなのでむしろ前いかれてる気がする…。 自分のリーディングは大学受験の遺産を食いつぶしてる感じなのでいつ遺産が底をつくか不安で仕方ありません。 ただ焦っても仕方ないのでのんびりやりますけどね。 ちょっと最近仕事が忙しくて勉強量減ってますけど止めなければ少しずつは英語力は上がるはずという楽観主義で行ってます。 頑張りましょう! 返信
  4. よちみ
    楽器ですか? 耳がいいってことかな? 小さいときにピアノ習ってましたよ。あとギター少し弾けます。 でも自信を持って答えられた問題なんてpart1のいくつかだけで、あとは完全に消去法なんですよね。勘がさえまくってただけかも知れないので(笑) 勉強は焦らずのんびりが良いですよね。 だって英語はこれからずーっとのお付き合いになるでしょ、楽しみながら続けていきたいですもんね。 寒くなってきましたし、仕事が忙しいときは無理をしないで ぼちぼちがんばって下さいね~ 返信
    • komatsu
      そうなんです。小さいときにピアノとかやってるとリスニングけっこう有利みたいですよ。 たぶん自覚はないと思うのですが他の人が聞き取れない短縮形とか理解っちゃうみたいです。 独学だと自覚できないみたいですけど! 仕事も若いころに比べたらたいしたことないんですけどやっぱり堪えるのでちょっとペース落としてます。 無理はいけませんよね。特に睡眠は絶対に削らない主義です。 返信
  5. おにぎり
    はじめまして。 わたしも今年春から、完全マップの学習をはじめて みるみる音読と、どんどん瞬間英作文をやっています。 みるみる、どんどん共にまだ2週目で、平行してSkypeの英語レッスンをやっているのですが 先日TOEICの点数が600点を超えました。(今年の初頭に受けたときは515点) (実際は感触としてはもうちょっと低いきがしていました) 2週目になるとこなす時間が少なくて済むのですが、このまま同じ教材でいけばいいのか、 並行して英作文や語彙を増やしたほうがいいのか、浮気な気持ちが最近膨らんできて、 正直迷っています。 本来の目的はTOEICではないのですが、実力をある程度測るために定期的にうけたいんですよね・・。 試験を受けるたびに単語と、読解力がないので落ち込みます。 社会人になると時間を確保するのが大変なので、教材が複数だと内容が薄くなりそうで。 わたしも完全マップを信じて、まずは音読と瞬間パッケージを回数こなしたいと思っています。 これからも参考にさせてもらいます! 返信
    • komatsu
      はじめまして!ありがとうございます! 同じぐらいに始めて600点は凄いですね。まあスタートから違うので仕方ありませんが。 たしかに音読と瞬間英作文だけだと飽きますよね。よくわかります。理由のない不安感みたいなのもあります。 まあ自分よりレベルが上の人にアドバイスもなにもないんですがコメントをせっかく頂いたので一所懸命考えてみました。 で、もし私ならと考えるとたぶん文法をやると思います。どのくらいの文法レベルなのかは分かりませんが600点なら高校のレベルの卒業はまだでしょうし。 精読など最近始めて文法の重要性を痛感してます。あと3つぐらいなら勉強時間にも依りますが薄くはならないと思います。 比べて語彙などはたぶんTOEICに即効性はあると思いますが、すぐ忘れてしまうと思います。ある程度その語彙に対応した精読や多読をこなさなければ。そうなるときっとたぶん音読や瞬間英作文をやってる暇なくなっちゃいますよね。 まあ纏めると手っ取り早くTOEICの点数を上げるなら語彙、マップ通りいくなら文法と言うところでしょうか。 550点の人間がいうことですからまあ参考までに。それでは! 返信
  6. おにぎり
    返信ありがとうございます! 文法ですか、いやそのとおりなんだと思います・・。 TOEICにせよなんにせよ長文を読むのに文章の骨組みが理解できないと そこで躓いてしまって、長文を読むのになんども前から読み直してしまいます。 わたしも文法書は持っているのですが、ひたすら読む形のものは飽きてしまって、 ある程度練習問題のようなものがついている参考書が良いとおもっていますが なかなかこれと思える書籍に出会っていません。 1億人の英文法 は持っているのですが漫然と読むだけだとなかなか頭に入ってこず、 頭の引き出しにきちんと格納されない気がします。(あと索引がないので調べにくいため、 辞書のような形でさがしずらく、活用しにくい) ちなみに1月にまたTOEICうける予定です!12月はリーディングのスコアUPを狙って ちょっとだけ問題集をやってみる予定です。 返信

コメントを投稿する