森沢さんのセミナーに行ってきた

もう結構前になるのですが実は本ブログのタイトルになっている英語上達完全マップの提唱者である森沢さんのセミナーに行ってきました。
そう言えばこのブログのタイトル年が変わってしまってどうしようね。そのままでいっか。それとも適当なところでこっそり2014年に変えるか。
まあそんなことは置いといてあまり口コミなども少ないのですが開催されているんですね。森沢さん本人が講師になってくれるセミナー。


すぐ書かずになぜ今書くのか

前回書いたとおり師走の忙しさと年末年始休暇を挟んだため新しい教材ほとんど紹介するものがないんですね。
一応すぐに合わなかったりして放り出したとしても、最低限購入して実際やったものに関して紹介すると言うのがポリシーなので。
じゃあ書かなきゃいいじゃんってのも癪なのでずっと書こうか迷ってたこれを選んだということ。

ではなぜ書くのを迷っていたかというとなんだかセミナーを口述とかよくない気がしたんですよ。

 


例えば「こういう勉強方法がいいよ or 悪いよ森沢さんが言ってました」とか自分が書くのはどうかと。
自分は森沢さんのイタコじゃないですし完全に自分というフィルターを通ってのものになるんですよ。
それを不特定が目にするブログというメディアで森沢さんの看板で書くのは違うのでは?と。

例えば最近ラジオ番組の書き起こしとかがあります。
私も深夜ラジオが好きなのでたまにそういうの見るんですけどまったく聴取時の印象違うことが多いですよね。
もう言ったことそのまま書き起こしてるんだけど「あー活字にするとそういう印象になるのね」みたいな。
しかも私のような初学者が講師歴を重ねた森沢さんの言葉を再現できるか?無理です。

 

ですので書く際に一応ルールを決めて極力セミナーで出た具体的な勉強方法などは避けて雰囲気や流れなどを紹介しようと思います。
ですのでこの内容は読むときは「ブログ主個人的な印象としては」とすべて文頭に付けて読んで頂ければ幸いです。

今後もこのセミナーで聞いたことを元に書くことがあるかもしれませんが、森沢さんが言ってましたとはなるたけ書きません。

どんなセミナーか

詳しいことは下記の本家URLをごらんください。
http://mutuno.o.oo7.jp/11_school/11_school.html

ざっくり纏めますと森沢さんが主催されているレギュラーの六ツ野英語教室、要は週に1コマのような通常の英語教室以外に教室の生徒以外にも開放された単発のセミナーがあるのです。
内容はお馴染み音読パッケージセミナー瞬間英作文セミナーの2本に分かれます。
これを提唱者である森沢さんから直接学べると言う願ってもないセミナー。
また私のような座学が苦手でも毎週通うのは時間的にも地理的にも難しいと言う人も単発なのでそれほど抵抗はありません。

 

申し込み方

流れとしてはまずHPにあるメールアドレス宛に申し込みます。
希望の日にちとセミナー名と電話番号、持っていればTOEICのスコア無ければ英語の勉強期間などを簡単に書くといいと思います。
あまりうまく書けなくても結局は折り返し確認の電話がかかってきますのでその時の口頭で伝えればいいでしょう。
びっくりしますが森沢さん本人から直接着信がありました。
私は仕事中に出ましたけど日中電話に出れない人はその旨も書くとよいかも。

教室の雰囲気

教室の場所は浦安駅からホントに歩いてすぐの場所にあります。
首都圏以外の人からすると千葉だし都心から遠い場所のイメージが有るかもしれませんが、例えば東京駅から電車だと20分弱というところ。渋谷に行くのと変わりません。
教室はちょっと古めだけどかなり大規模なマンション。トイレなどは共同で古い感じなので気になる人は近くの飲食店や駅などで済ませていくほうがいいかも。
ただ教室に入るといわゆるホワイトボードと書籍が並ぶ本棚のある昔ながらの小奇麗な教室と言った雰囲気ですのでご安心を。


席順は入った順で自由に座る。ただ予約制なので別に焦る必要はありません。席はあります。

私は参考書マニアなので教室の本棚にある書籍を観察してました。

特にマップでは紹介されていないけど自分がオススメした英語の発音が正しくなる本があって嬉しくなったり。


生徒の方はホントに老若男女と言った感じなのでまったく気後れする必要はありません。初老の方から学生っぽい人まで。

森沢さんは書籍の文章のイメージ通り温厚なユーモアのある方でした。
そのせいで最初はさすがに固い空気も10分もするとほぐれて和やかなムードで進みました。
レギュラークラスの方も受講していたようなのに別け隔てなく接する森沢さんの人柄でしょうかね。
アットホームな感じもありつつでも変にベタベタした感じもない。自分にはちょうどいい距離感でしたね。

授業内容をおおまかに

私は音読パッケージセミナーを選んだのですが基本的に自宅でやっている音読パッケージを皆で実践するみたいな形です。
英語上達完全マップのサイトで書いてあるような効果についてだとか森沢さんの体験談などはあまり語られなかった印象。
要はそんなHPや書籍で確認できるようなことは最初に読んでいくべしということですね。
自分から申し込みをするような人は心配ないでしょうが、1人じゃ嫌だから友だちを連れて行くなどの場合は音読パッケージ・瞬間英作文どちらか当日のセミナーにあったマップぐらいは紹介してあげましょう。

 

軽い挨拶や紹介を挟んだあと音読パッケージを受講者全員で実践するという形です。
中学校のテキストのプリントが配られ森沢さんがテープデッキ!を華麗に操作して聞き解きをします。
解答を指名されたりもしますがほとんどが初学者の人なので間違っても恥ずかしいとか言う雰囲気ではないので大丈夫です。
TOEIC高得点の方でも基礎単語が聞き取れないのに子供のころ音楽をやっていた初学者がちゃんと聞き取れたりする。
自分は一切わからずズケズケと間違った答えを言ってしまいましたが耳の良い人は初学者でも分かるんですね。
こういうのはやっぱり独学では分からない。語学ってスポーツに近いというどっかで読んだことを思い出してしまいました。
実際に森沢さんが滅茶苦茶に聞き取りづらいテープを自身で音読してくれたりもしますのでやり方を学ぶという意味では最良でしょう。

 

また要所に挟まれる自著の位置づけとか今までの講師としての経験談みたいなのもかなり興味深かったです。
いわゆる活字に出来ない話って言うほどのものでもないけどまあ裏話的なもの。
森沢さんのユーモアたっぷりの語り口でとても興味深くまた合点したりしました。

授業後

授業後に質問の時間が設けられており少しだけ森沢さんに直接質問が出来ます。
ただし「私はTOEIC何点で何ヶ月勉強してるんだが云々」みたいなそういうカウンセリング的なものではないです。
少人数とは言え14人全員にそんなカウンセリングする時間はありません。
音読パッケージなどセミナーの内容の具体的な方法などを確認できるということです。

 

あと完全に授業が終わったあとレギュラークラスへの入学の方法などを個別に受け付けてくれます。
これは当然希望者のみ。事前にメールで一言添えておくといいかもしれません。
私はもともとセミナーだけの予定だったのでそのまま帰りました。

 

1点注意しておきたいのは音読パッケージセミナーだけHPの時間より長くかかります。
120分では終わりませんのでセミナー後に予定を入れる人はご注意を。
細かくは覚えてませんが3時間ぐらいだったと思います。音読なんで時間がかかるらしい。
HPの文章を変えなきゃいけないんだけどIT音痴なもので機会を逸しているとのこと(笑)。
いま見てもまだ表示が変わっていませんね。

感想

まさに私がそうだったのですが英語上達完全マップを実践しており自分の勉強方法に迷いが出てきた人などには文句なくおすすめできる内容だと思います。
独学だと陥りやすい迷いなどは著者が目の前で実践してくれるんだからこれ以上解り易いことはない。

なんだか自分の方法であってるのかな?と言う不安がある人はなるべく初期の段階で行くのがいいかと。

 


ただ地方の方などわざわざ上京してまでと言うのは微妙です。
確かに座学で周りの人を見ながら、森沢さん自身の実演など見るべきものはありますが、絶対に参加しないと実践できないというわけではありません。
実際書籍だけで独学でマップをやり遂げた人も多いわけですから。
逆に言うとやはり英語上達完全マップの書籍版、Webがいかに優れているかということになると思います。

 

というわけで新年度もセミナー参加者を募集してるみたいなので興味がある方は参考にして頂ければ。

それでは!

 


コメントを投稿する