ネイティブとの英会話 ~ Skype英会話スクール考察 後編

前回からの続き。

前編で述べたとおり、マップの初期段階はそれほど神経質にSkype英会話スクールを選ぶ時期ではないと思います。
別に教材と違って合わなければ月替りに次の英会話スクールに移ればいいだけだしね。やること変わらないし。
スクールや講師の口コミをネットで探しまわりチケット予約さながらに予約を必死で取って週に25分か50分受講…って効率悪いです。止めましょう。

要は最低限の授業に対する真面目さが講師やスクールにあれば、(初期段階では)こだわらなくていいんじゃない?っていうのが私のスタンスです。
もちろんマップの卒業間近になり本格的に英会話をする、英語学習の柱とする場合はそのときにあったスクールを真剣に選ぶ必要がありますけどね。

一応、わたしの調べた限りのお勧めをあげときます。でも星の数ほどのいちいち全部見てません。
誰もまだ知らない穴場を探す必要もなく講師の教え方やスクール独自の教育方法などあまり気にしなければ自然とだいたいここらへんに落ち着くんじゃないかなというもの。

…続きを読む

ネイティブとの英会話 ~ Skype英会話スクール考察 前編

これまで英語上達完全マップに関わる勉強方法をカテゴリに分けて私の勉強方法を紹介して来ました。
発音、音読、瞬間英作文、文法、ボキャビルですね。ボキャビルは本格的ではないですが。
精読にはまだ早い。プレ多読はやってみたの中の人を真似るなら始めてもいいかもしれない。
ただご本人ももっと後からの方がよかったと仰ってるしそれほど時間も取れないので後回しかな。読書は好きなので気分が詰まったら始めてもいいかもしれない。

英会話をなぜ始めるのか

ただもう一つまだ触れていないことがあります。「会話」です。
英語上達完全マップの本サイトには載っていませんが英語上達完全マップを10ヶ月やってみたではネイティブとの会話レッスンを週一で行なっています。しかも学習最初期、いわゆる第1ステージから。
これによって発音のチェックや瞬間英作文の上達度を図っていたみたいです。
確かに発音のチェックほど自習が難しいものはありません。録音して聞いても初学者ではよく分からない。
瞬間英作文は会話系の最強の勉強だと思うのですがいかんせんやはりお勉強です。
日本語→英語という思考の訓練を効率的に学べると思うのですがやはり机上のものです。いきなりネイティブと喋る機会があって日本語→英語を自分がすぐに出来るとは思えない。要は実戦経験値が圧倒的に無いわけです。

…続きを読む