発音千夜一夜 ~ 番外編 サプリメントとしての英語舌

前回も言ったとおり音読パッケージの単調さを少しでも減らすための本の紹介です。
あ、「リエゾン」、「フラップ」、「リダクション」という用語が理解出来てる人には不要な内容ですのでまたどうぞ。
私は発音千夜一夜で2回にわたって書いたとおり発音学習の最初の山は超えたつもりの初学者です。
辞書を引いて発音記号を見ればぎこちないながらも正しいであろう発音が出来るし、初見の単語があってもフォニックス式である程度推測もできる。音読パッケージのリピーティング時のヒアリングでもbとvやlとrなども注意して聞けば聞き分けられる気がする…。
ただ上記の用語など聞いたこともありませんでした。

ネイティブの発音が発音記号と違う?

音読パッケージじゃなくてもヒアリングの学習やった人なら気づいてると思うんですけど…、
「このネイティブの人達ぜったい発音記号どおり発音してないよ!」って経験ありますよね。
「ネイティブなのに?発音記号と違う?そんなバカなヒアリングミスだろ?」
ふつーそう思いますよね。初学者なら。でもあるんです絶対。

これは常識? ~ リエゾン

基本の基本から言うと、Have a nice day!は発音を辞書通りいうと「ハヴ ア ナイス デイ!」ですよね。

不正確なカタカナ英語は許してください。発音記号のWebでの書き方分からないし読めない人には伝えられないし。
でも実際ネイティブが言うのを聞くと「ハバ ナイス デイ!」って聞こえます。これはわかります。
haveとaがくっついちゃったんですね。で、haveのvがaにくっついてしまった。
さすがにこの程度は一般常識として知っていました。ちなみにこれはちゃんとした用語では「リエゾン」と呼ばれる現象です。

意外と知られてない ~ フラップt

ただこっからは初学者は知らない人も多いと思います。代表的な例は「water」。
使えないカタカナ英語の代表例なので知っているかもしれないですがアメリカ英語では「ゥワラ」みたいな発音です。
前半はいいけど「tはどこ行ったの?どこにラ行の音が?」これは持って当然の疑問ではないでしょうか。

…続きを読む

発音千夜一夜<後編>

発音の続きです。

2冊目に完膚なきまで挫折したので考えを改めました。
いくらトレーニングに最適な教材であろうと、綴りさえ見れば発音がわかるようになる教材であろうと、自分が発音出来なければ同じ事です。
3冊目は「発音の仕方がどれだけわかりやすく説明されているか」を重視して教材を選びました。

そして発見したのが以下の本です。

唯一無二のおすすめポイント=DVD

例によって万人に最適とは言いません。この本は発音の仕方が一切わからない本物の初学者向け。
最大の特徴はタイトルにもあるDVDです。

考えてみれば当たり前の話ですね。
なぜこのマルチメディア時代にうん十年前と変わらず音声と書籍だけで発音学習をしなければいけないのでしょう?
変わったのはテープがCDになったぐらいでしょうか。
Skype英会話スクールだTEDだポッドキャストだ言っている割にこういう英語学習の根っこの部分は旧態依然です。

…続きを読む