英文解釈本選び 後編

ちょっと前回書いたとおり年末進行にはまりまくり戦場のような毎日です。

いつもよりタイトな仕事の上に忘年会やら出張やら色々入りますな。

まあこれを乗り越えたら年末年始休暇ということで最低限の勉強だけを続ける毎日です。

という訳でブログの更新も遅れておりました。前回の続きです。

 

当然全部やりきったわけではないのでファーストインプレッションということになりますのでその点ご留意を。
ある程度こなしたらまた書くとは思います。
前回入門レベルを切ったので私が試したのは基礎編以上。
で、3氏の著作に絞りました。

前回の冗長だった一覧もこのとおりスッキリ。

 

3氏に絞った英文解釈本オススメ本まとめ(PC推奨)
←80←←←←←←←←70←←←←←←←←60←←←←←←←←50←←←←←←←←←40← 
□□□発展□□□■■■応用■■■□□□標準□□□■■■基本■■■□□□基礎□□□ 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■■■■□□□□□□□ 英語リーディング教本 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■■■■□□□□□□□ 英文読解入門基本はここだ!
□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□ 英語リーディングの秘密
□□□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□ ビジュアル英文解釈(PartI,II)  
□□□□□□□□□□□■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ ポレポレ英文読解プロセス50
□□□□□□□□□■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 英語リーディングの真実 
□□■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 英文解釈教室 改訂版

英語の勉強の仕方」スレ まとめwiki – 英文読解難易度

 

これをざっくり俯瞰して見てるとわかると思うのですがやはり英文解釈教室は難易度が図抜けています。
大学受験どころかTOEICなどでもオーバースペックと言われるのはこれ故でしょう。
このへんはもう正直目指すゴールによってやるかやらないかを選択する他ありません。
TOEICやら仕事のメール、普通の英字新聞などを読む程度なら不必要らしいです。
ただし情報としてではなく英語で文学を楽しみたい、またネイティブスピーカーの中でももインテリ層が読むような文章を読みたいという人はやってみるといい本のようです。森沢さんも多読であげてるタイムとかニューズウィークとかね。

まあ私レベルがいろいろそんな高いレベルに言及しても仕方ないのですが上級までの道を俯瞰するというのは英語上達完全マップの考え方ですからね。一応私は英文解釈教室をやりたいなと思っています。

というわけで今日選んだ書籍たちはそれより2歩から1歩手前の英文解釈本です。

著者別に見ていきます。

…続きを読む

英文解釈本選び 前編

英文解釈です。

私は英語上達完全マップのステージで言えば第1から第2の間というところ。

個人的に本当はこの時期に始めるつもりではなかった。

英文解釈を始める時期について

先人の方は高校レベルの英文法の基礎が仕上がり(要は文法問題集一冊ぐらい)、既に紹介した山口英文法講義の実況中継 英文法TRY AGAIN!)を頭に叩き込んだあたりで始めるようです。

私はどちらもまだ半分程度。文法問題は以前書いたようにAnkiを使っての暗唱も平行して行ってますのでちょっと進みが悪い。

ではなぜこの時期始めたのか。面倒くさいのでまた箇条書きで。

…続きを読む