音読パッケージについて語ってみる ~ 後編

前編の続きです。
以下の2冊、主にみるみるの実践方法について。

リファレンスを活用しよう

よくあるレビューや感想で日本語訳が直訳的過ぎる、文法や単語の解説が少ないとかがあります。

直訳に関して

まず直訳に関してはいまパラパラめくって適当に抜き出すとこんな感じですかね。
Spending time with them gives me great joy and refreshes me.
が「彼らと時間を過ごすことは私に大きな喜びを与えてくれ、私に気分転換させてくれます。」
になってるみたいなとこのこと言ってるんでしょう。確かに翻訳本でこの訳なら嫌かもしれませんね。
「ぼくはあの子たちと過ごすと幸せを感じ新たな気分になれるんだよ。」ぐらいの訳は出来るっていうか適当にすいません今私が訳してみました。
でもこの本読むときに日本語訳見ることってありますか?ほとんどありません。一回目にちょっと訳を確認するのに見たぐらい。そういうときは変に意訳されるよりストレートに直訳してくれたほうがどの単語がどこにかかってるかなどがわかりやすいです。
あと日本語訳を音読するわけではありません。上記の例文で言うと無生物主語っていうんでしょうか。
日本語でも見ないことはないけど私が訳したように人が主語になる方が自然だし多いでしょう。
ただこういう無生物主語の若干不自然な訳を初学者はします。それが音読を繰り返すうちに英文が日本語での意訳のように肉体的に入っていく。この過程が大事なのだと思います。
こなれて自然な日本語訳を見せられるのは端から答えを見せられるようなものではないでしょうか。

…続きを読む

音読パッケージについて語ってみる ~ 前編

今回は音読パッケージについて。途中経過とやってて気づいたことのメモ書きなど。
主にこれから音読パッケージをやるって人に少しだけ先に始めたものとして少しでも有用なことが残せればという内容でございます。
たぶんこれからも何か気づいたら改版する予定。
例によって長文になってしまいましたので時間のある方だけどうぞ。
追記:いくらなんでも長すぎて読む気がしないと言われたので前後編に分けました。

で使う教材はこちらです。まったく浮気などせずずっとみるみる音読パッケージこれ一本。
こんなに一冊の本を長くそして深く読み込んだことは人生で初めてではないでしょうか。
高校時代の教科書や参考書だってこんなに使わなかったと思う。

本当に初学時の英語力に不安がある人はこちらをオススメしました。
ただ本エントリーについては私がみるみるを選んだ関係上みるみるについてが主になります。
でも基本は変わりませんからね。著者が同じ・推奨している勉強方法も同じですから。

未完了なのになぜ書くのか

当初は一度は書きましたしすべて終わってから感想でもと思ってたんです。
なぜ今回途中経過を書こうと思ったかというとまずは長いから。私はやってみたの中の人ほど膨大な勉強量はしていませんが、音読パッケージ・瞬間英作文はほぼ毎日続けてます。
もちろん社会人ですので終電帰宅や飲み会があった日は休止とか一日遊びに出かけたり法事だったりはありますが基本は毎日。

…続きを読む