「英語上達完全マップ」を読む@2013年

もう言うまでもない本家本元です。 熟読しましょう。


英語上達完全マップ
(以下、「マップ」と呼称)

英語上達完全マップを10ヶ月やってみた
(以下、「やってみた」と呼称)

なぜか「やってみた」の方が有名になってるようですがあくまで「マップ」が親です。大元です。
「やってみた」の方は実際の体験記なので面白く読めます。
また参考書なども「マップ」よりは新しくかつ学習者の立場から感想が書かれてるので参考になります。
まあ何より「やってみた」は10ヶ月というありえないスピードでTOEIC890点を達成したすごい人の体験ですので
読んでいてカタルシスがあるというか、やる気のないときに読むと励まされます。

英語上達完全マップとは

マップの方は書籍にもなっています。

ただ自分も購入しましたが特に書籍を買う必要はないかな?と言うのが正直なところ。
理由は以下です。

…続きを読む

このブログについて

このブログは森沢洋介先生が提唱する英語学習法、「英語上達完全マップ」の実践・体験記かつ参考書のレビューです。
またお分かりの通り 英語上達完全マップを10ヶ月やってみた というサイトにも強い影響を受けています。
上記2つが非常に良くできているので特に不要かと思いましたが、実際に学習してみると昨今の英語参考書の新刊、iPhoneやAndroidアプリでの英語学習などは英語上達完全マップの考えに沿いつつも今までに無かった勉強方法が確立されてきています。
それをこれから学習し始める人に知ってもらったほうがいいのではないかと考えました。
と上記は実際学習しながら痛感した内容ではあるのですが若干建前も入っています。
一番の理由は自分のマップを記録したいということです。
「英語上達完全マップ」はマップと言う名が表す通り、学習者にTOIEC最低700点程度の学力までの道のりを示すことで、自分が今どこにいるのかあとどれぐらいの道程があるのかを常に教えてくれるものです。
当然開始時の英語力や勉強スタイル、個々の性格によってマップも少しずつ違ってきます。
自分なりのマップが出来るのであれば記録しておきたいなというのが最大の理由なのかもしれません。

という訳で極力この教材はこうだ!と自分なりに咀嚼できたタイミングでエントリを書いていますが、現在進行中のため後からやむを得ず少し手直しってこともあります。
改版を重ねる形で。違うエントリにせずなるべく一つのエントリを改訂していったほうがマップとしてわかりやすいと思ったからです。

 

…続きを読む